建築工房匠 受賞作品集

かごしま木造住宅コンテストとは・・・?

かごしま木造住宅コンテストは、鹿児島県木造住宅推進協議会が主催し、毎年開催されているコンテストです。

鹿児島県木造住宅推進協議会は、鹿児島県の木造住宅の振興を促進するために、関係民間団体や関係行政機関などが結集し、従来の個別的な活動の範囲を超えて木造住宅の振興の諸活動を広範かつ長期的に実施していくことを目的として設立された協議会です。

協議会では、大工・工務店などの経営の近代化及び技術の向上、住宅建築の担い手の育成と定着・地位向上、在来木造住宅に対する県民の意識の向上などを通して、木材を中心とする地域住宅関連産業の活性化や地域に適した良質な木造住宅の建設推進等の活動を行っています。

地域で育まれた材料や技術を使って木造住宅を建設することは、それぞれの地域における良好な住環境や住文化の形成に役立つだけでなく、適切な維持管理による森林保全が図られ、ひいては地域経済の活性化にもつながることが期待されています。鹿児島県においては、このような木の住まいづくりを『地材地建』とネーミングし、県民運動として様々な事業が推進されており、鹿児島県木造住宅推進協議会もその一翼を担っています。

鹿児島の自然や歴史、風士、文化に根ざした木造住宅の振興を図るため、平成13年度より隔年で「かごしま木造住宅コンテスト」を実施してきております。

木造ならではの心地よい住空間を創造するために、建築主と設計者や施工者、林業関係者が協働し、工夫しながら完成された秀作揃いの作品から、審査員により審査されます。

 

建築工房匠では、以下のタイトルを受賞しております。(2018年現在)

  • 鹿児島木造住宅コンテスト2017 会長賞
  • 鹿児島木造住宅コンテスト2015 県知事賞
  • 鹿児島木造住宅コンテスト2013 入選
  • 鹿児島木造住宅コンテスト2011 県知事賞
  • 鹿児島木造住宅コンテスト2009 県知事賞

 

住まいのリフォームコンクールとは・・・?

財団法人鹿児島県住宅・建築総合センターが主催するコンテストです。
住まいのリフォームの優れた事例を表彰してリフォームを推進することを目的しています。

建築工房匠では、以下のタイトルを受賞しております。(2018年現在)

  • 第27回住まいのリフォームコンクール 県知事賞
  • 第25回住まいのリフォームコンクール 県知事賞
  • リフォームコンクール2014 県知事賞
  • リフォームコンクール2011 理事長賞
  • リフォームコンクール2010 耐震補強特別賞
  • リフォームコンクール2009 奨励賞
  • リフォームコンクール2007 企画賞

 

受賞作品一覧

 

鹿児島木造住宅コンテスト2017 会長賞

審査員評:床に鹿児島県産杉材を使用するなどかごしま材を多く使用している。省令準耐火を取得するなど防火対策を工夫し、外壁に木材を使用している。キッチンの流し台、作業台、棚等に木材を使用している。夫の職業や遊び盛りの子どものことを考えて玄関から浴室へ直接行ける動線計画も、平面計画全体でうまく納まっている、などが評価されました。

受賞作品一覧表

第27回住まいのリフォームコンクール 知事賞

審査員評:8年居住した施主が解体して建て替えるのは偲びないと考え、1階の3部屋をリビングに、旧居間をゆとりある寝室に改修。その際、瓦屋根を金属屋根に、モルタルのバルコニー手摺を木質に変えてデザインを一新するとともに軽量化をはかり、耐震性の向上が実施されている。結果として新築のような「暖かい・リビングの吹抜け・書斎・家事室など 家族が安心して住める家」となっている。畳の部屋が一掃されたのは残念だが、審査委員全員の賛同で知事賞に選定した。

 

平成26年度 建築研究所「すまいづくり表彰」 地域住宅奨励賞

 

第25回住まいのリフォームコンクール 県知事賞

 

鹿児島木造住宅コンテスト2015 県知事賞

審査員評:日当たり・通風がよく、施主手作りの竹垣の向こうには茶畑が広がるという恵まれた環境を最大限に活かし、八寸の大黒柱を始め、かごしま材をふんだんに使用した平屋建で、長期優良住宅認定も取得している住宅です。鹿児島県の伝統的な住まいに見られる、近隣の人とのつきあいの場でもある回り縁は、野菜・花畑をより近いものに感じさせ、風通しが良い四方に開放的な間取りは、自然と共生する住宅として、一次審資、二次審査とも高い評価を得ました。また、母親が施主をおんぶして植えたヒノキを柱や床に使うなど、家族の深い思いのある住宅となっています。

受賞作品一覧表

 

リフォームコンクール2014 県知事賞

 

鹿児島木造住宅コンテスト2013 入選

審査員評:施主と設計施工者とのつながり、さらに家族全員の家造りの取り組みが高く評価されました。特に子供達の夏休みの自由研究としての住環境への取り組みなど注目されたところです。

受賞作品一覧表

 

リフォームコンクール2011 理事長賞

鹿児島木造住宅コンテスト2011 県知事賞
地域住宅計画2011 奨励賞

審査員評:丸太から製材加工まで施主と施工者が材料選定からプランまで家造りに共同で参加した思い人れのある住宅です。住まい方、使用木材へのこだわり、風向調査による間取りへの配慮など、木造住宅への強い意欲を感じさせる作品です。普段の家族の生活に欠かせない、平面計画は極めてよくまとまっており、敢えて苦言を呈すればまとまりすぎるとも思わせるものです。ともあれ、木造の利点をよく活かした住宅として、委員の共感を得ました。

受賞作品一覧表

 

リフォームコンクール2010 耐震補強特別賞

鹿児島木造住宅コンテスト2009 県知事賞

審査員評:ご主人の退職を機に故郷近くの温泉の沸く指宿に定住するために新築されたものです。住まい方、木材へのこだわりなど、住まい手と作り手が一体となって、予備寝室機能をもつ部屋や趣味のコーナーを持つ2階部分からなっています。認証かごしま材が100%近く使用され、キッチンの化粧部は桧で制作されるなど木材への愛着が感じられる、と同時に構造壁、大黒柱と引込み戸の納まりなど気配りがなされた設計・施工でした。木材のもつ繊細さを活かしながら、きっちりとした「すまい」を追求した質実剛健さの漂う住宅です。

受賞作品一覧表

 

リフォームコンクール2009 奨励賞

リフォームコンクール2007 企画賞


TOP